トップページ更年期障害

更年期障害

更年期と更年期障害

「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指し、一般的には45~55歳くらいになります。この時期は女性ホルモンのひとつエストロゲン量が急激に減少し、この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。


「体の不調」「心の不調」

更年期障害は「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」という体の変化によって引き起こされますが、それ以外にもストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。

更年期障害の症状は、のぼせ、めまい、肩こりなどの「体の不調」とイライラ、不眠、不安などの「心の不調」に大別できます。そしてこれらの不定愁訴の治療は、複数の症状に対して効果がある漢方薬の得意分野です。


手足がほてる、寝汗がひどい、めまい耳鳴りがする

このような症状はほてりタイプといえ、血を補う作用のある当帰とうき芍薬しゃくやく、また元気を出す白朮びゃくじゅつ茯苓ぶくりょう甘草かんぞうなどが入った漢方薬が良く使われます。


月経痛、ひどい首や肩のこり、目の下にクマ

このような症状は漢方で瘀血おけつと呼ばれる血の巡りの不足からきており、血管を広げ、うっ血を分解吸収し血の巡りを良くする働きのある牡丹皮ぼたんぴ桃仁とうにんなどの生薬が有効です。

関連症状

イライラ、のぼせ、寝つきが悪い、便通が不規則

このような症状はストレスタイプの更年期障害であり脳の興奮を鎮める作用のある竜骨りゅうこつ牡蛎ぼれい茯苓ぶくりょうや、「気」を全身に流す作用のある桂枝けいしなどの生薬が配合された漢方薬が鎮静や自律神経の調整を行います。


疲れやすい、やる気がおきない、手足や腰が冷える

これらは「じん」が虚することによるからだの暖め不足であり、地黄じおう山茱萸さんしゅゆ山薬といった「じん」を補う効果のある生薬の入った漢方薬がツライ症状を和らげてくれます。

関連症状

万人向けのお薬ではなく、
あなたの更年期障害に合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する