不眠症の悩み

眠れないと言っても症状は様々

漢方では、不眠を「不寝」とか「失眠」と言ったりもしますが、症状は大きく3つです。

なかなか眠れない、寝つきが悪い。
が多くぐっすり眠れない
夜中に目が覚めてしまい、
そのあとなかなか寝付けない。

どれも十分な睡眠がとれないことから、身体や脳の疲れがとれず体がだるいとか日中の居眠りなど日常生活でのマイナスが少なくありません。


眠りとは「陽」から「陰」への切り替え

東洋医学で睡眠とは、身体がよう、つまり活動的に動き回っている日常から、いんすなわち体を休める状態へ切り替わることでおきると考えられています。
このバランスがストレスなどの原因で乱れると、陽から陰へ上手くバトンタッチできなくなり不眠を起こすとされています。


正常な睡眠には、の働きが深くかかわっています。

不眠と特にかかわりの深い臓腑が、しんです。漢方の心とは単なる心臓ということではなく、「こころ」すなわち意識や思惟活動をコントロールします。従ってこのしんが不調に陥ると、陰と陽の切り替えがうまくいかなくなり不眠になります。

ストレス等で常にくよくよして眠れない

昼間のいらいらや興奮が収まらず眠れない

さらに、眠りには体力も必要であり、気や血の不足も不眠を起こします。疲れ果てているのに眠れないと言った経験はここから起きると言われます。


症状により異なる漢方薬

こうしたしんを中心とした臓腑のバランスを整えることによって不眠を改善する働きが漢方薬にはあります。

寝つきが悪く、イライラして怒りっぽくなったり、ため息をよくついたり、また頭痛めまいを伴う不眠には…

精神を落ち着かせる漢方薬が処方されます。

昼間は眠くてたまらないのに夜になると、眠れてもその眠りが浅く目が覚めやすい、物忘れや、身体のだるさがある…

こうした不眠の症状には消化吸収を促進し、「けつ」を補う漢方薬があります。

また、同じ不眠でも、のぼせたり、身体が火照ったり、動悸寝汗があり口が乾く場合には…

その熱を冷ます漢方薬が適しています。

そして、夜たびたびトイレに行くために目が覚めて困るといった方への漢方薬もあります。

関連症状

万人向けのお薬ではなく、
あなたの不眠症に合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する