煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


こだわり その
煎じ薬のこだわり

「煎じ薬」は漢方薬の原料である生薬しょうやくをそのまま煮出したもので、生薬が持つ効能を余すことなく引き出せます。一方、「エキス製剤」は生薬抽出液から水分を取り除いて粉末や顆粒にしたものです。
コーヒーに例えると、焙煎されたドリップコーヒーとインスタントコーヒーのような違いです。当店では少し面倒ですが「煎じ薬」をお勧めしております。

煎じ薬(漢方薬の原料である生薬をそのまま煮出したもの)

エキス製剤(生薬抽出液から水分を取り除いたもの)

こだわり その
生薬のこだわり

漢方薬のもととなっている薬草等のことを生薬しょうやくと言います。煎じ薬は漢方薬の原料である生薬をそのまま煮出したもので、生薬が持つ効能を余すことなく引き出せます。
この生薬にも、産地や年数、加工の仕方によって質の良し悪しがあります。当薬局では厳選された生薬を使うようこだわっています。

当薬局でお渡しするティーバッグ式の漢方薬です。

中身です。

煎じ方

・600ccの水と1日分の漢方薬を入れ、300ccになるまで煮詰めます。(約30~60分)
・煮出し終えたらすぐに漢方薬を取り出します。
・約100ccが1回分のお薬です。(1日3回)

※写真は専用の煎じ器を使用していますが、ご家庭ではステンレス鍋、ホーロー鍋、土瓶で大丈夫です。水の状態から漢方薬を入れ、中火にかけ沸騰したら弱火にして煮詰めてください。(約30~60分/お薬によって異なります)


動画でご覧いただけます

牡丹も漢方?意外と身近な漢方薬

生薬しょうやくというと難しいものと思われがちですが、みなさんご存知の「牡丹」も漢方の一種です。
漢方薬でよく使われている牡丹皮ぼたんぴは、牡丹の根皮(こんぴ)を使います。牡丹は花が美しいだけではなく薬用の材料にもなり大黄牡丹皮湯だいおうぼたんぴとう温経湯(うんけいとう)加味逍遙散(かみしょうようさん)など婦人病などの漢方薬にもよく用いられます。

(真ん中を除芯しています)

(観賞用の牡丹の花)

万人向けのお薬ではなく、
あなたの症状に合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

相談無料、まずはお電話でご予約を

電話番号0666921002

相談無料、まずはお電話でご予約を

電話番号0666921002


その他のこだわり記事

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。