皮膚のトラブル

皮膚は内臓の鏡

お悩みではないですか?

湿疹
かゆみ
アトピー性皮膚炎
ニキビ
蕁麻疹
乾癬
皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)

病とは決して目に見える外見だけの問題ではありません。外に現れる病気の原因は、内側にあります。

私たちは皮膚病を体表の病気と捉えがちですが、漢方の世界では単なる表面の病ではなく全身からの現れ、すなわち身体の中に悪い点があることで皮膚病は起きたと考えます。

従って表面的な対処ではなく、原因を把握し内からもしっかり対処することが大切です。

漢方では皮膚の疾患を、外因である風邪ふうじゃ湿邪しつじゃ熱邪ねつじゃ、と内因である瘀血おけつ(血の滞り)に分けることができます。


アトピー性皮膚炎ニキビなど風邪による皮膚トラブル

風邪ふうじゃにより体表のバリアのような存在である衛気えきが乱れ、内側の気血きけつの流れが悪くなると皮膚病となります。

症状としてはからだのあちこちに赤い発疹がでたり、かゆみが一か所にとどまることがなく掻いても掻いても痒みが止まらずかさぶたが出来てしまいます。

防風ぼうふう荊芥けいがいなどの生薬が良く効きます。


蕁麻疹湿疹など湿邪しつじゃによる皮膚トラブル

外からの過度の湿気や、五臓の一つである脾の不調による水滞すいたいによっても皮膚病は起きます。症状は、水疱などができ、ジュクジュクした部分がかゆくなるのが特徴です。

水分代謝と血行を良くする防風ぼうふうが配合された漢方薬が効きます。


カサカサした皮膚炎湿疹による痒みなど湿邪しつじゃによる皮膚トラブル

外界からの熱や体内で生じた熱は赤みはれかゆみを引き起こします。また強い熱は患部を化膿させ、温めると症状は悪化します。

口が乾き、冷たいものを飲むと少し落ち着きますが、それも長くは続かないのが特徴です。

熱を取り、炎症を抑える働きのある黄連おうれんや滋養強壮作用のある地黄じおうなどの生薬が使われます。


顔のシミしもやけなど瘀血おけつによる皮膚トラブル

血液循環が悪く血行が停滞したり、寒さで全身に血液が行き渡らない状態が続くと皮膚の不調につながります。あざシミができやすく、めまい冷えのぼせなどが起きやすくなります。

こうした症状には、血液循環を改善する牡丹皮ぼたんぴや体を温め血液の流れを改善する桂枝けいしなどの生薬が適しています。

関連症状

山之内薬局では、先代から長きにわたり、こうした様々な皮膚のトラブルに対応する漢方薬を駆使することで皆様の健康に寄与してまいりました。どうぞお気軽にご相談ください。

万人向けのお薬ではなく、
あなたの皮膚のトラブルに合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する