冷えについて

「冷え」と「冷え

冷えは、「冷えという病気であり「冷えという体質の問題でもあります。

冷えは いくら厚着をしても寒くてたまらない。手足が冷たく夜も眠れないだけでなく、体の冷えが別の病気を引き起こすのが厄介なところです。漢方で根本治療に取り組みましょう。

漢方では、おもに3つの原因からおきる症状と考えられています。


陽気ようき不足

もともとの体質や病気などが原因で、陽気ようき(身体の中から温める力)が弱まり、外邪がいじゃである冷えがからだの中に侵入しやすい状態の場合、陽気ようきを補うことと、寒邪かんじゃを追い払うことを同時にする必要があります。

そのためには人参にんじん当帰とうき陳皮ちんぴの入った漢方薬が用いられます。
また手足の冷えが強い場合は、附子ぶし乾姜かんきょうの入った漢方薬が使われることもあります。

陽気ようきの詰まり

陽気ようきそのものはあるのに、ストレスや熱の邪などで流れが悪くなり、体のすみずみまで陽気ようきが行き渡らずに手や足が冷えてしまうことを言います。

この場合停滞している陽気ようきの流れを良くする柴胡さいこ枳実きじつなどが配合された漢方薬が利用されます。

血虚受寒けっきょじゅかん

その人の体質により、もともと血虚けっきょ(栄養素であるが足りない状態)であると、けつの温養機能が弱くなることで『寒邪かんじゃ』が手足にいすわり、手足が極端に冷たくなります。
この場合、まずはを増やし、そのパワーで寒さ(寒邪かんじゃ)を追い出す必要があります。

を増やす生薬としては当帰とうき黄耆おうぎ竜眼肉りゅうがんにくなどが有名で、補血を行い、身体を芯から温めます。
この他、血流を改善し身体を温める生薬として紅花こうかを用いることもあります。

このように冷えは病気であり体質の問題でもあり、原因を見極め、正しい漢方薬を使うことが重要です。また冷えは寒い冬だけでなく夏の冷房で起きたり、体そのものを冷やす食事の取りすぎといった生活習慣から起きるものがあります。

原因をしっかり見極め、万病の原因となる冷えを克服しましょう。

関連症状

万人向けのお薬ではなく、
あなたの冷えの悩みに合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する