肥満

肥満の原因

漢方では肥満を五臓のが関係していると考えます。には、飲食物を消化吸収し、代謝するはたらきがあり、からだのエネルギーを作り出していく役割を担っています。

が強く、消化・吸収・代謝のはたらきがすぐれていれば、食べ物をとりすぎても簡単に太ることはありませんが、がもともと弱い人や何かの理由で一時的に弱ると、食べる量が少なくても代謝が不足し、余計な水分(痰湿たんしつ)が溜まり太ってしまいます。

このため、漢方ではのはたらきを高めることが、肥満解消のポイントと考えます。


気滞きたいからくるの不調

ストレスなどで気が滞る状態が長く続くと、体全体が熱を持ちの調子が悪くなり太ります。またの熱が胃を刺激し食欲が高まることで、さらに太ることもあります。

気を巡らせる柴胡さいこ薄荷はっかなどの生薬が入っている漢方薬が気滞きたいの肥満には適しています。

関連症状

瘀血おけつからくるの不調

冷え婦人病運動不足ストレスなどで血の巡りが悪く瘀血おけつなるとがうまく働かず太りやすくなります。また瘀血おけつの中には脂肪が含まれており脂肪太りとなりやすいです。

桃仁とうにん川芎せんきゅうが入った漢方薬で血を巡らせることが瘀血おけつからくる肥満には必要です。


水滞すいたいからくるの不調

水分冷たい物生ものを摂りすぎると、たまった水によっての働きが弱まり、汗やむくみを伴いながら太っていきます。

体の余分な水を除く沢瀉おもだか茯苓ぶくりょうが入った漢方薬が水滞すいたい肥満には合っています。

関連症状

食事の際30回噛むようにと指導する先生もいるようですが、よく噛んで食べると少ない量で満腹感も得られますし、の働きも助けます。食事をゆっくりしっかり噛むことも肥満対策です。

万人向けのお薬ではなく、
あなたの肥満に合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する