痔の悩み

十人九痔

十人九痔と言われるほど、男女の半数以上が地主ならぬ痔主、つまり「痔」の悩みを持っています。

何かの原因で血液の循環が悪くなり、柔らかい肛門粘膜に硬い便が通り傷がつき出血するのが「切れ痔」、菌が浸入し『いぼ』のように腫れ上がるのが「いぼ痔」、腫れ上がった部分が肛門から外に飛び出すのが出痔でぢ脱肛だっこうとなります。従ってできた痔を外的に抑えるだけでなく、血液循環を体質から改善することが必要で、漢方が得意とする分野です。



うっ血瘀血おけつから起きる痔

座りっぱなし・立ちっぱなしといった極端な生活習慣やいきみすぎ冷え、アルコール・タバコなど刺激物の取りすぎによって、うっ血(瘀血おけつ)が起こり痔となることが多いです。

これらをなるべく控えると共に、うっ血を防ぐ大黄だいおう桃仁とうにんなどの生薬が入っている漢方薬が適しています。

関連症状

便秘で起きる痔

便秘になり硬い便を出すため強く力んでうっ血がおきたり、肛門に負担が掛かって粘膜が傷つくことで痔につながります。

硬い便を柔らかくする働きのある大黄だいおう芒硝ぼうしょうが入った漢方薬が、胃の熱を冷やし出しやすくします。

関連症状

出産などで起きる痔

女性の痔は、妊娠出産が原因となることも非常に多いです。妊娠や出産で経脈の血が不足したり、赤ちゃんを産む際に裂けてしまい出血を伴う痔が起きやすくなります。

こうした状況では、気血の不足を補う当帰とうき地黄じおう、出血を止める働きのある艾葉がいよう阿膠あきょうが入った漢方薬が適しています。


痔と養生

痔は普段の生活と密接に結びついています。


便秘下痢を防ぐ生活

香辛料アルコールをとり過ぎない

身体を冷やしすぎない

といったことを心がけましょう。

万人向けのお薬ではなく、
あなたの痔の悩みに合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する