花粉症

花粉症とは

花粉症とは花粉が抗原となって起こるアレルギー反応ですが、広くアレルギー性鼻炎と捉えると、ハウスダストやダニに加え、ストレスや食生活の乱れなど「現代人のライフスタイル」も影響を及ぼすまさに現代病のひとつです。
漢方では、花粉症を「予防」「症状の改善」「症状の出にくい体作り」から改善することが出来ます。


水毒と花粉症

花粉症の症状として鼻水や鼻づまり、くしゃみや咳、目のかゆみなどがありますが、漢方では、花粉症の症状を「体内の水分バランス異常(水毒)」と捉えます。

水毒とは必要なところに水分が少なく、特定のある部分にたくさん留まっていることを言います。花粉症の時期に体がむくむという方もいらっしゃいますが、これなどもまさに水毒と言えます。
花粉症には、水分の偏在を解消し、水分バランスを整える生薬がよく使われます。


の症状に効く漢方薬

鼻の症状は色々ありますが、水っぽい鼻水が出る場合には、血管を拡張し冷えた鼻や体を温める麻黄まおう桂皮けいひなどの生薬や、余分な水を取り除く細辛さいしんが入った漢方薬がよく効きます。

また鼻が詰まる鼻水がネバネバするときには、鼻の充血を改善するための葛根かっこん生姜しょうきょうの入ったもの、さらにネバネバした鼻水が黄色や緑色になってきたら、熱を冷まし体内の熱毒を鎮める黄連おうれん黄芩おうごんの入った漢方薬がよく使われます。

関連症状

くしゃみに効く漢方薬

花粉症のくしゃみは、寒冷刺激によっておこることが多いため、まず身体を温める生薬である乾姜かんきょう桂皮けいひが配合された漢方薬がよく効きます。
またひどい咳には直接咳を鎮める五味子ごみしを使うこともあります。

いずれも眠くなる成分が入っていませんので、車の運転や作業中の時などにも安心して服用できます。

関連症状

目のかゆみに効く漢方薬

目の充血痒みは、鼻詰まりを繰り返すことで発生した体内の熱が原因とされます。
従ってそのような時には余分な熱を冷やす山梔子さんしし黄粕おうばくなどの生薬や、直接痒みを鎮める荊芥けいがい防風ぼうふうなどの生薬が配合されまた漢方薬が役に立ちます。

万人向けのお薬ではなく、
あなたの花粉症に合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する