喉の悩み

喉の大敵「かん」、「ねつ」、「そう
漢方薬局にご相談ください。

お悩みではないですか?

声枯れ
喉の痛み
扁桃炎
喘息
咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

喉の症状には、咳や痰、喉の痛み、つまり、声がれなど様々ですが、漢方では、寒さが原因の寒邪かんじゃ、熱が原因の熱邪ねつじゃ、乾燥が影響する燥邪そうじゃによるものとされ、こうしたじゃの侵入を防いだり、原因となる邪を突き止め治療する事が重要です。

寒気がする場合などは、身体を温める桂皮けいひ葛根かっこんなどの生薬が入った漢方薬が効きます。

また熱があり炎症を起こしている場合には、消炎、鎮痛、排膿作用のある桔梗ききょうが含まれている漢方薬があります。また空気が乾きがちな冬場はお部屋の湿度を保つことも大事です。

口が乾き、咳が出るような場合や痛みを伴う場合には、麦門冬ばくもんどう金銀花きんぎんかなどの生薬が含まれた漢方薬が効果的です。


喉の症状で代表的なものは『咳』ですが、咳は身体の排泄作業をしている状態と言えます。つまり咳は身体が何らかの必要性で異物を外に出そうとする働きです。
従って、単に咳を止めるのではなく、なぜ咳が出たのかを、その方の体質から原因を探り、症状が繰り返さないように治療することが必要です。

冷え症のかたは麻黄まおう桂皮けいひなどの入った漢方薬が。
風邪をひくと咳込む方は乾姜かんきょう細辛さいしんが入ったもの。
激しい咳の出る方には麻黄まおう甘草かんぞうが含まれた漢方薬が良く効きます。

のどの痛み

のどは乾燥を嫌います。従って冬場の乾燥した空気は要注意です。そこにウイルスや菌が侵入し炎症を起こすケースや、仕事や育児疲れによって体力が落ちてのどに異常があらわれるケースも少なくありません。
同じような症状に見えても、その人その人の体質によって原因は異なります。

体力がなく、胃腸の働きも弱い方は、甘草かんぞう桔梗ききょうの入った漢方薬が。
体力は普通にあるが、のどの炎症が強い方には、荊芥けいがい連翹れんぎょうの入った漢方薬が。

ストレスとのど症状

同じ咳であっても外からの影響以外に、ストレスが溜まって起こる咳もあります。漢方でいう気・血・水の気がストレスの影響によりうまく流れずに熱を生み肺の機能を妨げ咳となります。
ストレスからくる咳は不安感緊張感が高まったときに起きることが少なくありません。

喉に異物が詰まったように感じ、胸苦しさや食欲不振などが起きることもあります。こうした症状には、気の通りをよくする枳実きじつ陳皮ちんぴなどの生薬がよく使われます。
特に検査をしても異常がなく、咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)の診断を受けたような方には漢方薬局でのご相談をおすすめします。

万人向けのお薬ではなく、
あなたの喉の悩みに合わせた
お薬をその場でお作りします。

“自分専用のお薬”で
根本から治療しませんか?

※ご予約のお客さまを優先させていただきますので、
お電話にてご来店予約をお取りくださいますよう
お願いいたします。

関連する症状


漢方小林盛大堂の紹介

漢方がはじめての方にもわかりやすいようにご説明いたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

詳しく見る


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。


Twitter 共有する
Facebook 共有する
Pocket
はてなブログ 共有する
LINE 共有する
LinkedIn 共有する