柚子の手もみ湯

カテゴリー:季節(冬)
2017.12.22
ツイッター 共有する
フェイスブック 共有する
Pocket
Googleplus 共有する
はてなブログ 共有する
ライン 共有する
リンクドイン 共有する


柚子、洗濯ネット

今年の冬は特別寒いですね!寒さに身体が付いていけずに悲鳴をあげているのではないのでしょうか。

今日は冬至。冬至は太陽の力が一番弱まる日です。そしてこの日を境に再び力が甦ってくることから、「一陽来復いちようらいふく」と言われています。

春の到来や凶事が去って吉事がふたたびもどって来ることを言い、漢方の『陰極まれば陽となる』ことにも通じる言葉です。

悪いことはもう終わり、これから良いことが起きるという意味になります。

冬至を境に、これから少しずつ明るい時間が増えてきて、元気をもらえますね。

邪気をはらう赤い小豆あずきを使った冬至粥や、温性の南瓜を食べ、柚子湯にはいって、身体を温め免疫力を高めて冬本番を乗り切りましょう。

※あまりに寒いので、柚子を半分に切って、目の細かい洗濯ネットに入れてお湯の中で揉みほぐしてみました。香りも最高、身体も芯からぽっかぽっか。。

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。