菊茶

カテゴリー:季節(秋)
2017.11.10
ツイッター 共有する
フェイスブック 共有する
Pocket
Googleplus 共有する
はてなブログ 共有する
ライン 共有する
リンクドイン 共有する


味/甘微寒かんびかん 帰経きけい/はいかん

秋の夜長、皆様はどのようにおすごしですか?

菊茶を作ってみました。

菊は熱を冷まし、痛みや炎症を鎮める作用や抗菌、解毒げどく作用など衣食住のいろいろな場面で利用されてきました。

菊を枕に詰めて頭痛や不眠の治療を改善させていたようです。
また老いを払い若返る縁起ものとして不老長寿の効能もあったそうです。

秋は夏の間にこもった熱をしっかり発散させて、涼しい空気を肺いっぱいに吸い込んで冬に備える身体を準備する季節です。

また寒暖差も大きくなり自律神経も乱れやすく精神的にも不安や不眠になりやすくなります。
菊はストレスでカッカした自律神経の興奮を抑え、なつめで不安を去り、クコで身体の潤いを増します。
秋の夜長をお楽しみください。


ちぎり絵/菊

天日干した食用菊

菊茶の作り方

菊花きくか5~6個(クコ、大棗たいそう陳皮ちんぴをお好みで加えてください)の入ったコップに熱湯200~300cc入れて蒸らしてからお飲みください。

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。