すだち蕎麦

カテゴリー:季節(夏)
2017.08.21
ツイッター 共有する
フェイスブック 共有する
Pocket
Googleplus 共有する
はてなブログ 共有する
ライン 共有する
リンクドイン 共有する

露地物のすだちが出始める時期になりました。

焼き魚の横にちょこっと置いてあることが多い脇役のすだちですが、先日、脇役が主役に抜擢された「すだち蕎麦」に出会いました。透明のガラスの中には「すだち、お蕎麦、おだし」これだけなんです。

すだちの酸味・香りがお蕎麦の甘味とあいまって美味しいことといったら。

徳島では奈良時代からすでに使われ、養生学で有名な貝原益軒の大和本草(1706年)にも薬草として記載されているとのこと(引用文献)。旬の食べ物には栄養が一杯。旬の食べ物で栄養つけてジメジメ残暑を元気に乗り切りたいですね。


引用参考文献

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。