ラベンダー

カテゴリー:季節(夏)
2017.07.31
ツイッター 共有する
フェイスブック 共有する
Pocket
Googleplus 共有する
はてなブログ 共有する
ライン 共有する
リンクドイン 共有する

色々な花とラベンダー畑

おかむらさき

夏の富良野はラベンダーが満開になります。ファームを訪れるとラベンダーが爽やかな香りで出迎えてくれました。(朝の8時半頃には既に駐車場はほぼ満車でした。)

ファームで食べたラベンダーのソフトクリームは予想以上に美味しかったです。

ラベンダーの品種には、濃紫早咲(濃い紫色で主に鑑賞用)・ようてい(赤みをおびた紫色で爽やかな香)・はなもいわ(うすい紫色でフルーティーな香)・おかむらさき(やや淡い紫色で爽やかでふくよかな香)・ラバンジン(やや淡い紫色。樟脳成分を多く含む)があるそうです。特に香りが良いのは、『おかむらさき』とファームの方に教えて頂きました。

ラベンダーは、ストレスで緊張した心身をリラックスさせ、不安や、イライラなどを緩和してくれます。

就寝前に飲むラベンダーティーや、ラベンダー枕、ラベンダーオイル等の香りが心身の緊張をほぐしてくれて安眠できそうですね。

樟脳成分も含有しているので、抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果があると言われている事も納得です。

ラベンダーに限らず、お香なども、古くから人々の心を癒し、また殺菌、防腐作用に活用されています。これからも、香りを取り入れてストレスの無い日常生活を送ろうと思います。

  • 夏は、夜に寝て、早朝に起き、邪気を発散させる。激しく怒ってはいけない。
  • 炎暑の時に、日にあたってはいけない。涼しい所に座るようにする。
    また甚だ涼しすぎ、風の通る所にいてもいけない。
『延寿撮要』 曲直瀬玄朔著。1599年刊より

引用参考文献
  • 『園内ガイドマップ』 ファーム富田8
  • 香道文化研究会編 『香と香道』 雄山閣出版株式会社
  • 柳谷清逸 著『新・養生物語』 石山針灸医学社

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。