新茶養生

カテゴリー:季節(夏)
2017.07.18
ツイッター 共有する
フェイスブック 共有する
Pocket
Googleplus 共有する
はてなブログ 共有する
ライン 共有する
リンクドイン 共有する

夏も近づく八十八夜を過ぎた頃、新茶を頂きました。70度位にお湯を冷まし40秒間浸し、ゆっくり茶葉を回す様にティーポットを揺らし注いだところ、きれいなフレッシュグリーン、癒されますね。

何より新茶ならではのさわやかな香り、甘味、ほのかな苦味が、夏をひかえ、気持ちを新たにしてくれます。

摘んだばかりの香り高い新茶を飲むことは無病息災の薬効があると話しながら、父がうれしそうに新茶を飲んでいたことを思い出します。

調べてみますと鎌倉時代に日本に伝えられたお茶は、栄西により「喫茶養生記」のなかで諸病の治療の薬効が記されていたとのこと。昔、お茶は薬だったのですね。

湿気と熱気の高まる季節の変わり目、身体を労わる効果も期待し、しばらくコーヒーからお茶に切り替えようかなと。

食べるものには、食養生という言葉があります。私はお茶の味を楽しむとともに、これからは「喫茶養生」もしてみようと思います。

小林盛大堂のこだわり

漢方へのこだわり

漢方とは 漢方は患部をピンポイントで治療する西洋医学とは異なり、体全体をみて不調になっている原因を根本から治す東洋に根ざした医学です。

漢方相談へのこだわり

症状をしっかり把握し、お薬をしっかり見極めるので、カウンセリングで“約1時間”頂戴します。じっくりと時間をかけてお話したいので、まずはご来店予約をお願いします。

煎じ薬へのこだわり

当薬局では「煎じ薬」と「生薬」にこだわりを持っています。「生薬」とは漢方薬のもととなっている薬草のことです。「煎じ薬」は生薬をそのまま煮出したものを指します。